2012年07月24日

サプリメント

太陽の光はビタミンの宝庫
でも 浴びすぎると良くないって話もあるぞ
1日2LのWater飲むとカラダに良いらしい
だけど 逆に良くないって言う人もいる

だからってやめないよ なぜなら好きだから
それは僕のサプリメント
毎日に張りが出るから続けるのさ
Everyday, It's alright.

コーヒー 酒 タバコは 100%悪者かい?
テレビの向こうで笑うアフリカのおじいさん
元気があれば何でもできる
好きなことだけやって生きてもゆけないけれど

だからってやめないよ なぜなら好きだから
それは僕のサプリメント
毎日が潤うから続けるのさ
I'm singing, singing, It's alright.

"誰にだって悩むことはある"
渦中にいる時はそんな余裕ないけれど

だからってやめないよ なぜなら好きだから
それは僕のサプリメント
毎日に張りが出るから

だからってやめないよ 歌うよ 好きだから
それは僕のサプリメント
毎日が潤うから続けるのさ
Everyday, It's alright.
posted by OCA at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | [Lyrics] 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

探し物

何かと社会のせいにしていたのさ
周りの人のせいにしていたのさ
ある時 ふと立ち止まった時に
このままじゃ寂しいって思ったのさ

もしも僕がこの世からいなくなって
悲しむ人が果たしているのか なんて
そんなことを思っちまった後に
浮かんだ顔が僕の支えなのさ

いつまでも独りではないし
いつまでも一緒にもいられないけど
それでも 君を大切に思う気持ちはずっと忘れない

大切なことを伝えたい時に
よくあるフレーズしか思い浮かばなくて
それを笑う人が もしいたとしても
君に伝わるなら それでいいのさ

いつまでも独りではないよね?
疑いたくなることがあっても
それでも 人を大切に思う気持ちは忘れたくない

なんにもない頃を知らなくて
何でも揃うのが当たり前の時代で
でも 何か足りない その探し物は
胸の奥の方にちゃんとあるよ

胸の奥の方に ちゃんとあるよ
posted by OCA at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | [Lyrics] 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長者ヶ崎

何も要らないよ もう
赤く燃える夕陽が波間に消えて行く
横に君がいる

潮風はちょっとBlue
帰り道のこと思うと 後ろ髪をひかれる
でも もう帰らなくちゃ

次ぎ行く時までには シャワーポンプを買っておこう
ココナツとアロエの混じったにおいも悪くないけど

あっという間の休日を十分楽しむために
超早起きしたのにやっぱりあっという間

DJは助手席です 懐メロの歌を歌って行こう
この渋滞を抜けると 海の景色も遠くなってく

来年はもっと早起きして 無料駐車場目指そう
地元じゃないけれど 「やっぱり海が好き」
そう思った長者ヶ崎

何も要らないよ もう
赤く燃える夕陽は波間へ消えて行った
でも横に君がいる
posted by OCA at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | [Lyrics] 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

深夜の散歩道

この時間になれば暑さも少しはまし
生ぬるさと静けさの混じった空気
蝉の声微かにする 小さな住宅街
ビーサンと裸足で行く 午前0時

意外と車が通る家の前の道を避けて
一本奥に入ればそこは川沿いの道
並んで歩こう いつも通りに
君が左で 僕が右

Summer night, I walk around my town.
Summer midnight, I take a walk with you.

ぽつぽつとたまにある滲んだような水たまり
よけた時に感じたよ 夏のアスファルトのにおい
打ち水にしてはやけに小さいな
案の定回っていたよ エアコンの室外機

熱を保ったままの裏路地の地面に
腹這いになってのんべんだらりの猫たち
ちょっかいは出すなよ 追いかけることはないよ
僕らは僕らの道を行こう

Summer night, I walk around my town.
Summer midnight, I take a walk with you.

Summer night, I walk around my town.
Summer midnight, I take a walk with you.
posted by OCA at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | [Lyrics] 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

永い峰の向こうに

長い時間を共に過ごして 今日は記念のParty
友達呼んで おめかしをして 乾杯をする
今の気分一言で言うとどうだい?

「幸せ」なんて口にするのはちょっと恥ずかしくて
でも今日くらいは思いきり言ってもいいんじゃない?

山の頂上に君は立ってる
そして今日からまた歩いていく

永い峰の向こうに続いてるStory
これからも 笑い 泣き 笑って
舞い上がる風を包み込むように
その翼で飛んでゆけ


野球場の裏の海 夜に忍び込んでいった
砂の手触り 波の音 揺れる月明かり
遠くの方で光る街灯り

変わってないように見える景色 少しずつ姿を変え
でも変わらずに何となく側にいてくれる

そんな存在に君はなってる
そして今日からまた手をつないでく

広い海の向こうに続いてるStory
これからも君のままで
舞い上がる風と光を浴びて
その瞳をまた輝かせて

永い峰の向こうを目指してくStory
ずっとつないでくリレー
舞い上がる風はやがて花を運ぶ
その夢を描いてゆけ 叶えてゆけ
posted by OCA at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | [Lyrics] 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jump台

Everybody Jump台に みんなBeautifulに飛べるのさ ありのままFly
Everybody Jump台に そうさNaturalに飛べばいいさ ありのままFly

飛び出した途端 雪の中に放り出されて
取り残されて 途方に暮れていた

行こうとしたルート外れかけて 「きっとダメだ」と
「僕はダメだ」と思いながら飛んでいた

"初めは飛ばなくていい 雪の上を進むだけでいい
真っすぐにアプローチさえ出来れば
スピードに慣れてきて 焦らなくなってきたら
少しだけ踏み込んで 抜け出して"

Everybody Jump台に みんなBeautifulに飛べるのさ ありのままFly
Everybody Jump台に みんな最初は飛べなかった 何度転んでもFly


ハイクアップして 誰も知らない真っ白な絵に一筆書きの足跡をつけたい

"少し疲れてきたら 少しだけ休めばいいさ"
風が語りかけたような気がした
僕たちの世界は不思議と広がるものさ
かじかんだ心 少し開いてみたら
posted by OCA at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | [Lyrics] 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風に会いに行く

やがて花が咲いたなら
君に会いに行けるから
顔なじみと集まって
花吹雪を味わう

良いね

もしも海へ行ったなら
君に会いに行けるから
潮の香りと一緒に
あの子が長い髪をとかす
良いね

風に会いに行く


やがて葉っぱが落ちたら
君に会いに行けるから
強く冷たい木枯らし
寄り添い歩く人たち
良いね

いつでも僕ら走ったなら
君に会いに行けるから
体中で感じる
息を吸い込み吐き出す
良いね

風に会いに行く
posted by OCA at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | [Lyrics] 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

With a Happy

海がすぐ見える街が舞台のお話
出会いはいつも突然に 寄せる波のように
仕事後にグラス傾け話をしてた
心の奥に咲いた花 隠し切れてなかった

フランクな人当たりの良さ ワインの飲みっぷり
かわいい声は話すだけでステキなメロディ

With a Happy Wave
この波を捕まえて

海がすぐ見える街が舞台のお話


新緑が芽吹いてくる季節のお話
夢の国よりも確かに感じるのさHappy
輝く樹木に包まれたジャスミンの香り
その中で静かに息づく新しいFamily

With a Happy Greens
その温もりを感じて

新緑が芽吹いてくる季節のお話


With a Happy Wave
With a Happy Greens
With a Happy Smile
その笑顔をいつまでも

海がすぐ見える街が舞台のお話
新緑が芽吹いてくる季節のお話
posted by OCA at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | [Lyrics] 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。